MENU
THE NORTH FACE

【2020】クライムライトジャケットのレビューとサイズ感をブログで解説

クライムライトジャケットのサイズ感をブログで解説【体験談あり】

こんにちは、オケラ(@superokeraburo)です。

ライトウェアとして大人気の”クライムライトジャケット”を購入してから1年が経ちました。

下記の疑問に答えます

クライムライトジャケットって実際のところどうなの?ついでに、2020秋冬モデルのカラーリング、サイズ感についても教えてください。

クライムライトジャケットを購入して1年が経過しましたが、着心地は最高です。しかし、着方によっては合う人・合わない人がいるなとも感じました。

本記事の内容

・2020秋冬モデルについて
・サイズ感を解説
・実際のレビューを紹介

この記事では、2020秋冬モデルのカラーや販売ショップから、サイズ感と購入レビューをしています。

記事を読み終えると、クライムライトジャケット”選び方”や自分に適した”サイズ感”、『良いところ悪いところ』なんかが分かります。

さっそく見ていきましょう。

【2020秋冬】クライムライトジャケット(NP12003)のスペックやカラーとは

クライムライトジャケットのメリットデメリット

クライムライトジャケットはノースフェイスを代表するライトウェア。春夏モデルと秋冬モデルの販売があり、人気カラーはすぐに売り切れてしまいます。

例えば代表的な人気カラーに”ケルプタン×ブラック”などがあります。

実はクライムライトジャケットは春夏モデルと秋冬モデルで品番が違います。そのため、”最新モデル”を購入希望の方は注意が必要です。

春夏モデル→NP11503
秋冬モデル→NP12003

【2020秋冬】クライムライトジャケット(NP12003)のカラー展開

・ブラック
・ニュートープ
・サミットゴールド
・ファーグリン
・アビエイターネイビー
・マラードブルー
・フレアオレンジ
・ノックアウトオレンジ×ブラック
・TNFネイビー×アーバンネイビー

上記の9色展開になっています。それぞれカラーを見ていきましょう。

ブラック(K)

クライムライトジャケットブラック

» ブラックの販売ページはこちら
¥33,000(税込)¥23,954(税込)の大特価販売中です。

ニュートープ(NT)

クライムライトジャケットニュートープ

» ニュートープの販売ページはこちら

サミッドゴールド(SG)

クライムライトジャケットサミットゴールド

» サミットゴールドの販売ページはこちら
¥33,000(税込)¥28,334(税込)でお得に購入可能です。

ファーグリーン(FG)

クライムライトジャケットファーグリーン

アビエイターネイビー(AN)

クライムライトジャケットアビエイターネイビー

» アビエイターネイビーの販売ページはこちら

マラードブルー(MA)

クライムライトジャケットマラードブルー

» マラードブルーの販売ページはこちら

フレアオレンジ(FL)

クライムライトジャケットフレアオレンジ

【ライトウェア最高峰】クライムライトジャケットのスペック

クライムライトジャケットの凄さはスペックにあります。

下記は、オンラインストアの説明文です。

ゴアテックスマイクログリットバッカーを採用した軽量な防水レインジャケット。コンパクト収納が可能な270gの軽量設計でありながら、ハリ感のあるしっかりとした着心地。風のバタつきを軽減するスリムなシルエット、パックを背負ったままでもラクに腕を上げることができる運動性など、スピードと快適さの両方を求めるユーザーにぴったりの仕上がりです。アジャストの領域が広いヘルメット対応のフードのため、汎用性の高いアルパインシェルとしても活用できます。スタッフサック付き。
※2019春夏よりGORE-TEXのロゴデザインが変更になりました。掲載画像とお届け商品の仕様が異なる場合がございます。
-GOLDWIN

ここから、2つのポイントを解説します。

①:軽量化されたゴアテックス

クライムライトジャケットはゴアテックスを使用しています。

ゴアテックスとは防水透湿性素材のことで、簡単に言ったら、蒸れにくいということですね。

そのゴアテックスが”収納して持ち運べるくらい軽量化”されているわけですから、軽量レインジャケットとしてはかなりハイスペックです。

②:高い運動性と快適さ

スリムなシルエットにすることで、風のバタつきの抑止運動性の向上を実現しています。フードはヘルメット対応になっており、危険地帯での着用を想定しています。

登山やクライミングでその効果を実感できるはずです。

オケラ

まさに登山やハイキングなどのアウトドアアクティビティ向き。

街着としてはオーバースペックだが

シンプルでスタイリッシュなので街着として着るのもかっこいいですよね。

ただ、ダボっと着たり流行りのマウンテンパーカ系として着るのであれば、マウンテンライトやコンパクトジャケットなどの方がおすすめ。

参考:【2020FW】マウンテンライトジャケットの予約/購入可能ショップを公開

【2020秋冬】クライムライトジャケットの販売ショップ

前述もしましたが、品番が異なりますのでお探しの際はご注意ください。

春夏モデル→NP11503
秋冬モデル→NP12003
定価→¥33,000(税込)

【エルブレス】

カラー:K,MA,SG,NT
セール販売+高ポイント還元

» 販売ページはこちら

「おそらく一番お得に購入することができるショップ。」

【SUNDAYMOUNTAIN】

カラー:K,SG,AN,NT
¥33,000(税込)→¥29,700(税込)

» 販売ページはこちら

「2番目にお得に購入することができるショップ。サイズの在庫が多めです。」

【アルペン】

カラー:K,MA,SG,NT

» 販売ページはこちら

ECショップは”セールの開催”や”高ポイント還元フェア”などを活用するとお得に購入できます。

クライムライトジャケットのサイズ感を画像付きで解説

僕の体型

170㎝63㎏の普通体型

着用サイズ”M”

結論ですが、”着丈が短めフィット感あり”なジャケットです。個人的にはMサイズがちょうど良かったです。

②の着用パターンを試しました。

①:ロングティー

②:インナーフリース

上記のとおり。
①から見ていきます。正面、横、背面の画像を使用しています。

パターン①:ロングティーシャツ

正面画像
横からの画像
背面画像

全体的に丁度いいサイズ感です。

パターン②:インナーフリース

フリースを着こんで正面
横画像
背面画像

※インナーフリースとして『バーサマイクロジャケット』を着用しました。

シルエットにはそこまで大差がないのが分かると思います。

総評:着丈は短めフィット感あり

着丈は前面と背面で長さが違うタイプで、前は短め後ろは長めといった感じ。

しかし、背面のことや袖丈のことを考えるとMサイズがちょうど良かったです。

オケラ

オーバーサイズでユルッと着こなすタイプではなく、適度なフィット感でスタイリッシュに着こなすタイプだね。

袖口は調節可能

マジックテープで調節が可能です。便利な機能ですね。

袖口は調節可能

サイズミスしてしまっても袖丈で調節できますね。

【体験談】1年クライムライトジャケットを使用してみて

感想や体験談をご紹介

では、実際に使用してみての感想だったり体験談を紹介します。

感想(レビュー)

4~10月あたりにものすごく活躍します。

薄手のため快適ですし、軽量なので持ち運びも便利です。突然の雨にも難なく対応できます。

暖かくなってくると使用頻度は増しますね。
突然の雨なんかもへっちゃらで重宝しています。

↓春用の薄着アウターという記事でも紹介しています。

参考: 【ノースフェイス】春におすすめな薄手アウター5選【かっこいい】

登山やスポーツ向き

登山やスポーツには向いてます。
振り返ってみたらそのような使い方しかしていませんでした。

薄手で蒸れにくいのが嬉しいポイントです。

メリット・デメリット

では、メリットとデメリットを紹介します。
まずはメリットから。

メリット:軽量

軽量だというのが大きなメリットです。
具体的に下記のとおりです。

・持ち運べる

・ハリのある生地

スタッフサックに収納し持ち運ぶことができます。
レインジャケットをバッグに常備しておけば安心ですね。

また、ハリのある生地というのも重要です。

クライムライトジャケットはハリ感のある生地のため着心地がしっかりとします。

多くのレインジャケットはハリ感がないです…。

デメリット:アウトドア向きすぎる

使用パターンが少ないというのがデメリットでした(個人的感想)。

なぜなら、アウトドア向きな使い方しかできないから。例えば下記は僕の着用パターンです。

街着→マウンテンライトジャケット
羽織り→エニータイムウインドフーディ
アウトドア→クライムライトジャケット

あまりアウトドアにいかない今、タンスの肥やしとなってしまっている現状です。

マウンテンライトジャケットとの違い

気になる人が多い、マウンテンライトとの違いを説明します。

1番はシルエットです。

クライムライト→細身
マウンテンライト→ゆったり

スポーティなクライムライトは細身のシルエットになり、マウンテンライトはストリート系でゆったりのシルエットです。

使い方の違い

個人的には、マウンテンライトの方が着回しが効くと感じています。

街着・おしゃれ義→マウンテンライトジャケット

スポーツ・アウトドアウェア→クライムライトジャケット

どっちのジャケットもオールシーズン使えるのですが、「マウンテンライトの方が汎用性が高く」「クライムライトジャケットの方が玄人向き」といった感想です。

オケラ

ですが、スポーツやアウトドアを中心に着用を考えるのであれば、クライムライトジャケットの方が絶対にお勧めですね。

参考:【2020FW】マウンテンライトジャケットの予約/購入可能ショップを公開

まとめ

要点をまとめます。

・ハイスペック軽量シェル
・シルエットは細身
・サイズ感はタイト
・スポーツアウトドア向き

上記のとおりです。

サイズ感はタイトめなので、インナーを着こむことを想定すれば、サイズミスはないと思います。

汎用性も高く、これからの季節は出番が多くなること間違いなしです。

おすすめの記事

【20AW】THE NORTH FACE 販売情報まとめノースフェイスのURLをまとめました。...

SNSも

オケラ:Twitter

オケラ:Instagram

最後までお読みいただきありがとうございました。