THE NORTH FACE

【春におすすめ】ノースフェイス薄手アウター/ジャケット6選【かっこいい】

【ノースフェイス】春におすすめな薄手アウター5選【かっこいい】

こんにちは、オケラです。

ノースフェイスの製品が大好きです。数十種類の製品を所持しています。

下記の疑問に答えます。

ノースフェイスの春におすすめなアウターを知りたい。見た目も機能も春にちょうどいいアウターありませんか?それと、その製品の特徴も教えてください。

結論ですが、ちょうどいい製品が5つあります。
本記事では「前編3選・後編3選」に分けてお送りします。

前編→暖かいとき用

後編→寒いとき用

製品の特徴も併せて解説していきます。

※暖かいとき用と寒いとき用というのはあくまで適性です。

それでは、見ていきましょう。

前編:ノースフェイスの春におすすめアウター3選

前編:ノースフェイスの春におすすめアウター3選

春といっても、暖かいときもあれば寒いときもあります。
前編では「比較的暖かい日」用の薄手アウターを紹介していきます。

下記の三つです。

・ベンチャージャケット
・スワローテイルフーディ
・クライムライトジャケット

それでは、上から順番に解説していきます。

ベンチャージャケット(NP11536)

ベンチャージャケット

ベンチャージャケット軽量レインジャケットとして人気があります。持ち運べるため、急な雨にも対応できる優れものです。

【特徴】

・持ち運びできる

・止水ファスナー

・お手頃価格

具体的な特徴は上記のとおり。

止水ファスナーが使われており、水の侵入を防ぎます。
付属の収納袋を使えばどこにでも持っていけます。

ベンチャージャケットは、本格派レインジャケットですが”コスパ”が良いうえに、幅広い着回しができるためおすすめ。

エニータイムウィンドフーディ(NP72070)

スワローテイルフーディー

すごい便利で、めちゃめちゃおすすめです。理由は「着回しが効く」からです。

エニータイムウィンドフーディの具体的な特徴は下記のとおり。

【特徴】

・お手頃価格
・着回しが効く
・持ち運べる

生地が薄く、肌触りもいいです。

僕は、普段使いやジョギングなどの時に使用しています。タウンユースにも、アクティブな活動にも最適です。

雨具にもなりつつ、春先のちょっとしたお出かけにも使えるジャケットで、かゆところに手が届く便利さがピカイチです。

クライムライトジャケット(NP12003)

クライムライトジャケット

上記2つの、上位互換のようなジャケットです。ハードな登山にも使えるスペックで高性能です。

クライムライトジャケットの具体的な特徴は下記のとおり。

【特徴】

・ハイスペック

・デザイン性◎

・持ち運べる

正直、タウンユースならハイスペックかな?と思ってしまいます。ですがデザイン性が高く、めちゃくちゃかっこいいです。

作りはしっかりしていて、生地もGORE-TEXを使用しているのですが、畳んで持ち運べるという利点もあります。

デザイン性でも機能性でも活躍間違いなしです。
本物志向の方や、登山・ハイキングなどのアクティブに動く方におすすめです。

2020秋冬モデルについて詳しく解説しました

↓↓サイズ感やお得に買えるショップなど解説しています。

春夏モデルと秋冬モデルではカラーや品番が異なりますのでご注意ください。詳しくは下記記事で。

参考:【2020】クライムライトジャケットのレビューとサイズ感をブログで解説

後編:ノースフェイスの春におすすめアウター3選

後編:ノースフェイスの春におすすめアウター2選

ここからは後編です。
春の「寒い日」用のアウター(厚手)を解説していきます。

設定的には、ダウンだと暑すぎるけど肌寒いとき。のようなイメージです。

中にたくさん着こめばいいだろ。って言われそうですが、あくまで適性なので、ご容赦ください…。

下記の3つがおすすめです。

・マウンテンライトジャケット
・デナリジャケット
・デナリジャケット

上から順に解説します。

マウンテンライトジャケット(NP11834)

マウンテンライトジャケット

おすすめなのですが、入手しずらいという難点が…。人気色はすぐに売り切れ、プレミア値が付きます。

しかし、それだけいい製品なのは明白です。具体的な特徴は下記のとおり。

【特徴】

・かっこいい

・機能性◎

・入手しずらい

ノースフェイスのアウターの中でも最高峰の人気を誇るジャケットです。最新カラーはすぐに売り切れてしまいます。

詳しい機能面

マウンテンライトジャケットの詳しい機能面は下記の通り。

・GORE-TEX

・ジップインジップシステム

GORE-TEXは、ご存知のとおり雨風を防ぐ機能です。
ジップインジップとは、インナーを連結するシステムです。

参考:【ノースフェイス】ジップインジップ対応インナー6選【おすすめ】

販売ショップをまとめています

入手しずらい人気商品ですが、下記の記事で詳しく解説しています。

参考:【2020FW】マウンテンライトジャケットの予約/購入可能ショップまとめ

2020秋冬モデルの販売ショップをまとめています。

TwitterInstagramでは人気商品の速報をしています。

デナリジャケット(NA72051)

  • エルブレスで販売中
  • カラーはK,NT,SG,Z
  • サイズはSS~LL
人気商品なのでサイズを選べるうちに購入推奨です

デナリジャケットは今まで紹介してきた4製品と違い、フリースジャケットになっています。

おすすめする理由は『丁度良い厚み』だから。

具体的に下記のとおりです。

【特徴】

・ちょうど良い厚さ

・デザイン性◎

・着回しが効く

厚手すぎず、薄手すぎないちょうど良い厚さのフリースジャケットです。

デザインもかっこよく、カラーバリエーションも充実しているアイテムです。

着回しが効くというのもおすすめな点ですね。それに、買い求めやすい価格設定も嬉しいポイントです。

デナリフーディ(NA72052)

  • エルブレスで販売中
  • カラーはK,NT,Z
  • サイズはS~LL
人気商品になっているため早めの購入推奨です

デナリフーディはデナリジャケットにフードがついたバージョン。機能性やデザインに大きな変わりはありません。

フードがついているのが好きという方にオススメ。

価格としてはデナリジャケットより若干高めなのですが、フードのおかげで冬でもアウターとして使えるので、幅広い着回しが楽しめます。

まとめ

ということで、ノースフェイスの春物アウターを6種類紹介しました。
おさらいすると下記のとおりです。

今日は暖かいな~ってときも、気軽に羽織れる便利さがあります。

急に肌寒い!という日にもしっかり対応できます。
春のオシャレに、ぜひノースフェイスを選んでみてください!

SNSをフォロー

TwitterInstagramのフォローもよろしくお願いします。

下記の記事がオススメ

今回はここまで。
最後までご覧いただきありがとうございました(^^)/