THE NORTH FACE

【ノースフェイスおすすめ】ウィンドブレーカー7選【機回し抜群】

こんにちは、オケラ(@superokeraburo)です。

下記の疑問に答えます。

ノースフェイスのウィンドブレーカーが欲しいです。値段の高いものから低いものまであり、種類が多いため、迷っています。おすすめを教えてください。

答えですが、どれも使いやすくおすすめです。が、用途によって分けるべきです。

本記事の内容

この記事では、おすすめのウィンドブレーカーを7種類紹介します。

前半:トレーニング用③選

後半:アウトドア用④選

前半にトレーニング用を③選、後半にアウトドア用を④選という構成になっています。

この記事を書いている僕は、アウトドアブランドが大好きです。
ノースフェイスやPatagoniaなどのアウターを多数所持しています。

機能性やコスパというものを比較しながら解説していきます。
記事を読み終えれば、自分に最適なウィンドブレーカーが分かっていただけると思います。

それでは、みていきましょう。

ノースフェイスのウィンドブレーカーを選ぶ際の注意ポイント

ウィンドブレーカーといえば、ランニングに使えたり、ちょっとした雨具になったりと様々な用途に使用できる優れもの。

一着持っていれば様々なシーンで大活躍してくれることでしょう。

ただ、ノースフェイスのウィンドブレーカーを選ぶ際に”注意するべきポイント”がいくつかあります。

①アウトドア用かトレーニング用か
②生地の質感

1つ目は”アウトドア用”か”トレーニング用”なのか使用目的を明確にした方がいいということです。

理由は、実際に購入してから「なんか違くね?」となる可能性があるから。

例えば日々のランニング時の着用を想定している方が、アウトドア用のウィンドブレーカーを購入してしまった場合、「汗でムレてムレて仕方ない」などです。

2つ目は”生地の質感”。これは1つ目と通じるのですが、生地が柔らかいのかパリとしているのかの違いです。

そこで以下の画像をご覧ください。

トレーニング用吸汗速乾性に優れる
トレーニング用:吸汗速乾性に優れる
アウトドア用:防水性に優れる
アウトドア用:防水性に優れる

滑らかな質感で汗をかいてもスッキリな”トレーニング用”と、パリッとした質感の”アウトドア用”、それぞれ生地も見た目も異なります。

そこでまずは、”トレーニング用”のウィンドブレーカーから見ていきましょう。

【ノースフェイス】ウィンドブレーカー:トレーニング用③選

【ノースフェイス】ウィンドブレーカー:トレーニング用③選

トレーニング用ウィンドブレーカのメリット

・汗がすぐ乾く
・柔軟性があるため動きやすい
・洗濯に困らない

ランニングで汗をかいてもすぐに乾き快適さを感じられます。柔軟性のある生地のため、ハードな動きにも対応できます。

オケラ

ちょっとしたお出かけ、羽織りものとしてならトレーニング用がおすすめです。

スワローテイルフーディ

ノースフェイスおすすめのウィンドブレーカー

ノースフェイス定番の軽量ウィンドブレーカー。

防風性と撥水性があるため、悪天候でも困ることはありません。
さらに、汗ばみを軽減する素材が快適さを実現してくれます。

ランニングやトレーニングなどのアクティブな活動に適しています。

デザインがかっこいい

シンプルなデザインでとてもかっこいいです。カラーパターンが豊富なので、街着としても活躍が期待されます。

オケラ

初夏や秋口などの、肌寒い時期にぴったり。汗をかいてもスッキリ快適です。

エニータイムウィンドフーディ

エニータイムウィンドフーディがおすすめ

ベーシックなトレーニング用のウィンドブレーカーです。

ウィンドブレーカーらしいスポーティなデザイン。

特筆すべきはコスパの良さ。1万円前半で購入することができ、1万円前半のウィンドブレーカーとしては着回し、スペック共に最高峰です。

オケラ

スワローテイルフーディの下位互換。日常生活程度の雨なら困ることはないですね。

ストライクトレイルフーディ

ストライクトレイルフーディ

こちらはサミットシリーズのウィンドブレーカーです。

※サミットシリーズ=ノースフェイスの上位シリーズ

耐水性20,000mm、透湿性40,000g/m2-24hという、機能を搭載しています。

簡単に言ったら、『水を吸わず、蒸れにくい』ということ。

いわゆる、ハイスペックウィンドブレーカーです。

アスリート仕様

・人間工学に基づいた設計

・長時間の快適さを維持

アスリート仕様のモデルのため、お値段は若干高めの設定です。ですが、圧倒的な機能性を誇ります。

オケラ

トレイルランや山岳トレーニングなど、過酷なトレーニングを積む方におすすめですね。

【ノースフェイス】ウィンドブレーカー:アウトドア用④選

【ノースフェイス】ウィンドブレーカー:アウトドア用③選

ここからは”アウトドア用”ウィンドブレーカーを4選紹介します。

アウトドア用のウィンドブレーカーはどちらかというと、お洒落や街着として着用したい人におすすめ。もちろん、アウトドアシーンでも大活躍間違いなし。

90年代ファッション人気の高まりと共に、ノースフェイスのウェアの人気も高まっていますからね。

アウトドア用ウィンドブレーカーのメリット

・ハリのある生地
・高い防水&防風性

ハリのある生地のため着心地がしっかりとし、トレーニング用よりも高い防水&防風性能を持っています。

反対に、汗をかく時期にはムレるのが難点。秋口や初夏の羽織りものとして着用したい方はトレーニング用がおすすめです。

» トレーニング用ウィンドブレーカー3選に戻る

※トレーニング用とアウトドア用は全く別物と考えたほうがよいでしょう。

では、アウトドア用④選を見ていきましょう。

コンパクトジャケット

撥水加工を施した軽量ウィンドブレーカーです。

ナチュラルな風合いながら防風性を併せ持つため、急な冷え込みが予想される旅先で活躍します。

ウェアとしては低価格ですが、日常生活レベルで困ることはないでしょう。

オケラ

古着チックなデザイン+カラーリングが豊富なので、街着としてもおすすめです。

ベンチャージャケット

バックに常備できるウィンドブレーカーとして人気です。

止水ファスナーを使うなど、高い防水性を実現しており、ウィンドシェルとしても幅広く活用できます。

肌触りの良い素材

肌触りがよいビーズ加工を施した透明ラミネートフィルム・Clear-Dを採用しています。

ハリのある生地ですが、スルスルした触り心地で雨が降っても快適に過ごせます。

クライムライトジャケット

ウィンドブレーカー クライムライトジャケット

ゴアテックスを使用した本格派ウィンドブレーカーです。

防風、防水に秀でたGORE-TEXを軽量化し、搭載しています。さらに、透湿性という”ムレにくい”機能も実装されており、かなりのハイスペックさが伺えます。

楽に腕を上げることができる運動性、風のバタつきを軽減するスリムなシルエットなど、実用性と快適さを兼ね備えています

オケラ

街着としてはオーバースペックですが、見た目もかっこいいため映えること間違い無いです。

実際に購入し、レビューやサイズ感についての記事も書きましたのでそちらもご覧あれ。

参考:【2020】クライムライトジャケットのレビューとサイズ感をブログで解説

マウンテンレインテックスジャケット

マウンテンレインテックスジャケット

ゴアテックス採用の防水透湿性ジャケット。

クライムライトジャケットと並び、ノースフェイスのライトウェアとして人気のマウンテンレインテックスジャケット。

ゴアテックスの3層構造を採用しているため、生地は少し厚めになっており、防寒シェルとしても使用できます。初夏や秋口だと少し暑いかもしれないですね。

オケラ

デザインもカッコよく、フード嫌いの方にもおすすめできる希少な1着です。

まとめ

要点をまとめます。

↓↓トレーニング用なら

・スワローテイルフーディー

・エニータイムウィンドフーディー

・ストライクトレイルフーディー

↓↓アウトドア用なら

・コンパクトジャケット

・ベンチャージャケット

・クライムライトジャケット

上記のとおりです。

自分の使いたい用途を明確にすれば、おのずと自分に最適なウィンドブレーカーが分かるのではないでしょうか。

ぜひ自分にあったものを見つけてくださいね。

ノースフェイス関連