MENU
トレーニング

【ピッチャー】球速を上げるためにやるべきトレーニング【6選】

【トレーニング】球速を上げるためにやるべきこと【6選】

こんにちは、オケラ(@superokeraburo)です。

「球速を上げるのって難しいな。球速を上げて、いいピッチングをしたいけど中々うまくいかない。具体的なトレーニングを教えてください。」

上記の疑問に答えてみようと思います。

結論です。
球速を上げるには、三つの数値を上げる必要があります。

・背筋力

・バネ:ジャンプ力

・伏臥上体反らし

上記の数値を上昇させることは、球速UPにつながります。

そこで本記事では、球速を上げるための、具体的なトレーニングを紹介してしていきます。

この記事を書いている僕は、大学2年生まで硬式野球をやっていました。
僕は、球速が遅い方だったので、球速を上げるためにたくさんの研究をしました。

現在は、野球を引退してしまいましたが、「球速を上げるためのノウハウ」はたくさんあります。それが、誰かのためになればいいなという思いです。

それでは深掘りしていきます。

【最優先】球速を上げるためにやるべきこと3選

【最優先】球速を上げるためにやるべきこと3選

繰り返しますが、球速を上げるには、三つの数値をあげる必要があります。

下記のとおり。

・背筋力の向上

・垂直飛びの向上(バネ)

・伏臥上体反らし

なぜ、この三つの数値が重要なのかというと『データ』がでているからです。

根拠があれば信用しやすいですよね。
では、詳しく順番に説明していきます。

背筋力の向上

背筋力の向上は、球速との相関関係があります。
結構有名ですよね。

これは高校野球ドットコムでも紹介されていて、トレーナーの殖栗正登さんが解説しています。

要約すると。

・ピッチング動作において、1番筋力を使う部位

・140キロ以上投げるには、180㎏∼210㎏が必要

上記のとおりです。
背筋力は球速に直結するのです。

では、背筋力をどうやって上げるのか、具体的なトレーニングを紹介していきます。

背筋力を上げるトレーニング

具体的に6種類の背筋メニューを解説しています。

 >> 【投手】球速を上げるための背筋トレーニング6選【背中で変わる】

・デットリフト
・懸垂
・ラットプルダウン
・ベントオーバーローイング
・ワンハンドローイング
・ローイング(マシン)

詳しくは、URL先をご覧ください。

ジャンプ力(バネ)の向上

『垂直飛びの数値』が高いことも、球速に関係します。
簡単に言ったらジャンプ力ですね。

下記のツイートをご覧ください。

上記の棒グラフは、球速との相関関係を示しています。
球速が速い人ほど『垂直飛びの数値』が高いというデータです。

・縦の数値→球速(マイル)

・横の数値→垂直飛びの数値

この研究は、TopVelocityというアメリカのベースボールアカデミーからの発表です。

ジャンプ力向上のトレーニングといっても、『自重』から『重り』を使うものまで、多種多様です。個人的に一番奥が深いところだと思っています。

ジャンプ力を上げるトレーニング

重りを使う種目や自重の種目など、計6種類を解説しています。

【野球】ジャンプ力を上げるトレーニング6選【球速につながる】
【野球】ジャンプ力を上げるトレーニング6選【球速につながる】ジャンプ力を上げると球速が上がるというのは知っていますか?本記事では、ジャンプ力を上げるトレーニングをウエイト編と自重編に分けて6種目紹介しています。ジャンプ力を鍛えて、自分のパフォーマンスをどんどん上げていきましょう。...

ジャンプ力アップには速筋が大事



DNAから調べてみてはいかがでしょうか。

あなたにとって最適な結果が分かれば、これからのトレーニング効果が飛躍的に向上するはずです。

↓↓ライバルに差をつけましょう。

DNAシリーズに新しくDNA EXERCISE 遺伝子分析キットを発売いたしました。
筋線維を知ることで、運動種目の選定、運動メニューによろ体力強化、減量など有効なトレーニングに役立ちます。

伏臥上体反らし

画像

伏臥上体起こしというのは、画像のとおりです。

これが3つ目のポイントです。
理由は下記のとおり。

・最大外旋位に直結する

・胸郭の柔軟性が養われる

こちらも、殖栗さんが仰っている部分です。
YouTubeにて言及されいています。

○○秒あたりですね。

今話題の日本のエースである『山本由伸』投手も、胸郭の柔軟性をトレーニングしています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

山本由伸:150キロ台中盤の豪速球の秘密 身長178cm, 体重80kg前後とプロ野球選手としては決して大きくない体で150キロ中盤のストレートを9回になっても投げる由伸。 その秘密がこの体操に隠されているかも知れません。 今日も素晴らしい投球でした。 これからも楽しみですね! #オリックスバファローズ #orixbuffaloes #プロ野球 #npb #野球 #baseball #山本由伸 #胸椎 #胸郭 #肩甲骨 #肩関節 #肩 #速球 #直球 #豪速球 #thoracic #thoracicmobility #scapula #scapularmobility #scapularstability #thoracicextension #mobility #mobilitytraining #stability #stabilitytraining #fastball #japanesebaseball

鎌田一生, MS,ATC,CSCS,PES(@issei_kamada_orix_buffaloes)がシェアした投稿 –

これは、山本由伸投手のトレーナーさんの投稿です。
ブリッジが球速に影響する、ということをにおわせています。

伏臥上体起こしの数値を上げるトレーニング

後日更新します。

並行して取り組むべきトレーニング3選

並行して取り組むべきトレーニング3選

優先して行うべきトレーニングを紹介してきました。
ここからは、平行して取り組むべきトレーニングを紹介していきます。

下記のとおり。

・ダッシュ系トレーニング

・体幹トレーニング

・全身の筋力アップ

順番に説明していきます。

ダッシュ系トレーニング

『ピッチャーは走って当たり前!』というのはひと昔前の話です。
ですが、明確にそれを否定することもできないです。

もちろん、長距離走や○○分間走などは、球速には効果はないです。ダルビッシュ選手もそう仰っていましたよね。

※疲労回復などの目的がある場合は除きます。

下記の記事で解説していたりします。

>> 【野球部向け】きつい走り込みを楽にする3つの方法を徹底解説!

しかし、ダッシュのスピードは、球速を高める大きな理由になります。

・神経系システムの発達

・運動能力の向上

・速筋繊維の発達

ダッシュ系トレーニングは、上記の能力の向上を望むことができるのです。
これを見れば『ピッチャーは走って当たり前』だといえます。

ダッシュ系のトレーニングは、フルパワーを使うがゆえに身体に大きな負担がかかります。しかし、その恩恵は大きく『下半身の爆発力』や『無意識時の神経システムの向上』に期待が出来ます。

投球は無意識時の『爆発力』や『神経システム』が使われます。
そこを鍛えられるのが、大きなメリットです。

具体的なメニュー

後日更新します。

ダッシュ系も速筋が大きく関わる

速筋繊維が大いに影響してきます。

DNAシリーズに新しくDNA EXERCISE 遺伝子分析キットを発売いたしました。
筋線維を知ることで、運動種目の選定、運動メニューによろ体力強化、減量など有効なトレーニングに役立ちます。

↓↓具体的な解説もしています。

>> 速筋繊維は調べることができる【遺伝子からトレーニングを効率化!】

体幹トレーニング

体幹トレーニング【重要性】

体幹とは画像のとおりです。
誤解しがちですが、腹筋や背筋以外の胸筋なども体幹です。

体幹のコントロールは下半身の次に大切です。

理由は下記のとおり。

・下半身で作ったエネルギーを腕に伝える

・体幹が弱いとエネルギーをロスしてしまう

・体幹の横回転速度が重要

いくら下半身で爆発的なエネルギーを作ったとしても、体幹が弱いと力が逃げてしまうのです。

体幹の横回転速度は重要

具体的な例はこうです。

細長いゴムをグーっと絞ってみてください、パッと離すと素早く元に戻りますよね。では、ティッシュを同じように絞ってください、手を離したらゆっくり戻りますよね。

このように、ある程度の強度がないと『体幹の横回転速度』を上げることが出来ないのです。

ちなみに、『体幹の横回転速度』は球速に強く相関する、との論文をオハイオ州立大学が発表しています。

体幹の重要性は分かっていただけたでしょうか。
では、『体幹の横回転速度』あげるトレーニングを紹介していきます。

体幹の回転速度を上げるトレーニング

後日更新します。

全身の筋力アップ

最後は全身の筋力アップです。

・パフォーマンスを上げる効果

・怪我から体を守る効果

全身の筋力アップには、上記の効果があります。

パフォーマンス面

高校野球ドットコムで殖栗さんが仰っていたように、フィジカルではプロに近づくことが出来ます。

具体的には下記のとおり。

・デットリフト200㎏

・ハーフスクワット200㎏

・ベンチプレス100㎏

・ハイクリーン100㎏

・メディシンボール3㎏バックスロー18m

これぐらいのフィジカルを目標としてほしいです。
プロでは、クリアして当然くらいの数値です。

怪我から体を守る効果

ジャイアンツの坂本選手は、試合後でもウエイトトレーニングをするというのは有名な話です。

・耐久値が上がる

・筋肉は弱る

上記のとおり。

ピッチングをしていて、肘が痛くなったりするのは、握力の低下だったり、インナーマッスルの低下だったりします。

そこで、日ごろからプログラムを組んでトレーニングをしていれば怪我を防ぐことが出来るのです。

具体的な筋力アップメニュー

後日更新します。

まとめ

球速を上げるためのトレーニングとして⑥つ紹介しました。

ピッチャーにおいて、フォームは大事ですが、フィジカルはもっと大事なのです。今一度、トレーニングメニューを見直してみることをおススメします。

関連記事

トレーニングをした後は、しっかりと栄養を補給しましょう。
おすすめはマイプロテインです。

【マイプロテイン】人気の味ランキングトップ10【失敗しない選び方】 こんにちは、オケラです。 今回はヨーロッパNO.1サプリメントブランドである、マイプロテイン(impact whey prote...
【野球】向きのプロテインランキングTOP10【身体強化に最適です】
【野球】向きのプロテインランキングTOP10【身体強化に最適です】野球をプレイしている皆さん、野球に向いているプロテインは知っていますか?本記事では、野球に向いているプロテインを10種類紹介しています。自分のスタイルに合わせて選ぶことが出来ると思います。また、その他併用したいサプリメントも紹介しています。ぜひご覧ください。...
コーヒー
【エルゴジェニック】カフェインが筋トレのパフォーマンスを上げるトレーニングのやる気が出ないってときは、コーヒー飲んでジムに行くことをお勧めします。なぜなら、コーヒーに含まれるカフェインは絶大な効果を持っているからです。しかし、使い方を間違えたら中毒症状に悩まされることになるかもしれません。でも安心してください。しっかりとした知識を持ち計画的に使えばメリットだらけということを説明させていただきます。...

SNSをフォロー

オケラ:Twitter
オケラ:Instagram

YouTube

オケラ/アウトドア

アウトドア系情報の発信をしています。