MENU
Patagonia

2020【PatagoniaレトロX】予約はできるの?を解説

Patagonia レトロX

こんにちは、オケラ(@superokeraburo)です。

今回は、最強フリースとしてアンタークティカバーサロフトジャケットと双璧を成す、Patagonia・レトロXジャケットの記事です。

昨年の大流行は皆さんも記憶に新しいのではないでしょうか?
人気インスタグラマーさんの着用により話題を呼びましたよね。

某フリマアプリでは、原価を大きく上回るプレミア価格がついていました。

真夏からフリースのことなんて考えたくはありませんが、発売間近になっており、原価で購入するなら早めの対策が肝になります。

それでは、掘り下げていきます。

Patagoniaレトロxの発売日は?予約は?

まずは、気になるPatagonia公式での販売日情報についてです。(2019年度)

※2020年の販売日は情報を把握し次第更新させていただきます。

昨年の発売日(2019)

下記は昨年の発売日です。

直営店及びオンラインストアにて8/22日(木)の発売。メンズ・ウィメンズ・キッズすべてのモデルが同時発売になります。

ちなみに、patagiaでは『予約は受け付けていない』です。
しかし、例年繰り返し販売があるので8月下旬からは準備しておいた方がよさそう。

結構大事な発売時間について

人気カラーや人気サイズは競合必須です。開店直撃、早朝から並んでおくことはマストになるでしょう。

開店時間】▽
直営店の開店時間は午前11時になっています。

また、オンラインショップの発売時間は、トリッキーな時間に行われる可能性もあるようです。

【オンラインショップ】(予想)▽

・0時
・9時
・12時
・15時

日付が変わった0時や朝の9時、12時または15時などいつ来るかはわからないので、しっかりチェックしておきましょう。

Patagoniaレトロxとは?

品番:#23056

商品名:メンズ・クラシック・レトロX・ジャケット

特徴

寒い外から家の中に入ったときのような即時の温かさを感じることができるジャケットです。厚手の6ミリ厚シェルパ・フリースと、吸湿発散性を備え通気性に優れたメッシュのあいだに防風性バリヤーを挟んだ素材は熱を閉じ込め風を遮断し快適な肌触り。腕の動きを促進するYジョイントの袖を採用し、DWR(耐久性撥水)加工済みの縦型ナイロン製ジッパー式チェストポケットと、起毛ポリエステル・メッシュの裏地を備えたジッパー式ハンドウォーマーポケットが付いています。ヒップまでの丈。ハイキュ・フレッシュ耐久性抗菌防臭加工済み。

-patagonia

防風性能+通気性

僕はアンタークティカバーサロフトジャケットとレトロxの両方を持っているのですが、レトロxの方が暖かいです。

なぜなら、レトロX最大の特徴なのですが、フリースジャケットにはありがたい防風性能があるからです。

防風バリアーがあるため、冬の冷たい風もシャットアウトしてくれます。これはマジで助かりました。(暖冬でしたが)

それに加えて、吸湿発散性を備え通気性に優れた素材を使っているため蒸れにくいという利点も。

かっこよくて、性能も抜群というジャケットですからゲットしたいところですね!

【2019】Patagoniaレトロxのカラー展開

2019【PatagoniaレトロX】再入荷や販売状況について

2019年は5色のカラー展開になっています。

・Natural(NAT)

・Black w/Black(BOB)

・New Navy(NENA)

・Pelican w/Wren Gold(PEWG)

・Sage khaki(SKA)

上記のとおりです。

2020のカラー展開は情報を把握し次第更新させていただきます。

Patagoniaレトロxのサイズ感は?

身長170センチの僕にはSサイズがジャストサイズでした。
Mサイズだと袖丈と着丈が大幅に大きくなってしまいます。

がっちり体型だったり、スポーツをやっていて肩幅が広い方には、Mサイズの方がいいかもしれないです。

※170㎝の場合

フリースは、ダボっと着るよりジャスト出来たほうがかっこいいかな。と思っていたので、Sサイズにしました。

ですが、Mサイズでもよかったかなと思っています(笑)

結論、そこまで変わらないので困ったら大きめにしといたほうがいいてことです。

サイズ感については、下記の記事で詳しく解説しています。

【Patagonia/レトロx】サイズ感を170㎝の僕が解説レトロxのサイズ感は意外と簡単って知ってましたか?本記事では、170㎝普通体型の僕がMサイズのレトロxのサイズ感を画像付きで解説しています。また、僕がおすすめする失敗しないサイズ感についてや、まだレトロxを購入できるショップについても記載してあります。Patagonia好きの方はぜひご覧ください。...

アウトドアショップなら予約できるの?

上記にて、Patagoniaは予約を受け付けていないと触れました。
しかしそれはあくまで直営店や公式サイトなどが該当します。

じゃあ、アウトドアショップや正規店、ウェブショップなどはどうなの?

多分、上記の疑問が生まれるのではないでしょうか。
結論ですが予約や先行販売は”やる””ショップもあります。

予約・先行販売を実施するショップ

下記は去年の先行販売の情報です。

【SORA】
8/17日の午前11時より先行販売してるとのこと。
【WILD-1】
販売されていることがわかりました。店舗での販売のみとなっており、予約は受け付けていないようです。希望カラー・希望サイズ残っているかもしれません。早めのチェックが必要です。

SORAさんやWILD-1さんは昨年度先行販売を実施していらっしゃったので今年もあるかもしれません。

その他にも先行販売や予約を行うショップさんはあるはずですのでSNSを中心に情報収集することをお勧めします。

僕自身もアウトドア関係の情報発信しています。ご活用ください。

Twitter/オケラ

Instagram/オケラ

店舗に出向き店員さんに確認をとるというのが一番効果的なんじゃないかと思います。

再入荷は頻繁にある模様

狙っている方の順番としては下記があると思います。

①先行販売&予約→②公式→③再入荷

例え、①,②で逃したとしても大丈夫です。安心してください。

なぜなら、再入荷は頻繁に実施されるから。
それは、直営店でもアウトドアショップでもです。

昨年の情報です。当記事に残っていました。

【9/19 直営店・オンラインショップ】
NaturalカラーのXS、S、Mサイズが直営店とオンラインショップで再入荷される模様です。人気カラーですので見逃したくないところ。。
【9/17 ピアラウンジバイアーク】
現在、サイトショップ内にて購入できます。

ちなみに、僕はARK.netsさんで購入させていただきました。
栃木まで爆速で行ったのはいい思い出です。

個人的経験談ですが、9月下旬10月中旬くらいまでなら、アウトドアショップにも普通に置いてあったりします。

店員さんに、再入荷情報などを聞いてみるというのも一つの手ですね!

最後の砦、並行輸入品

Patagoniaレトロxの正規品は残念ながら、巨大ECでは取り扱うことはできないみたいです。

・ブランドの保護

・コピー品対策

上記の理由により、Amazonや楽天などの大手では販売が規制されました。

並行輸入品とは?

じゃあ、平行輸入品とはなんぞや。となるはずです。

海外用の正規品といったイメージです。つまり、販売規制がかかっているのは日本版正規品といったところです。

詳しくは下記のとおり。

・正規とは違う流通ルート

・違法ではない

Patagoniaではなく、ほかの企業が輸入しているというだけで商品は何も変わりません。安心して購入することが出来ます。

販売スキーム的に一番最後まで購入可能です。
『逃してしまった!いつのまにか終わってた!』って人におすすめです。

①先行販売&予約→②公式→③再入荷→NEW!!④並行輸入品

上記のとおりです。

まとめ

冬にはほぼ売り切れになり、プレ値がついた状態でしか流通しません。

まだ夏ですが、冬を見据えて確実にゲットしておきたいところですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

Twitter/オケラ

Instagram/オケラ

【Patagonia/レトロx】サイズ感を170㎝の僕が解説レトロxのサイズ感は意外と簡単って知ってましたか?本記事では、170㎝普通体型の僕がMサイズのレトロxのサイズ感を画像付きで解説しています。また、僕がおすすめする失敗しないサイズ感についてや、まだレトロxを購入できるショップについても記載してあります。Patagonia好きの方はぜひご覧ください。...

ノースフェイスの情報はこちら↓↓

【2020】バルトロライトジャケットの予約方法を解説した【早めに】
【2020】バルトロライトジャケットの予約方法を解説した【早めに】 こんにちは、オケラ(@superokeraburo)です。 下記の疑問に答えます。 2020年になりましたが、20fwの...
【20SS】マウンテンライトジャケットの購入法を公開【悪用厳禁】
【最新版】20AWマウンテンライトジャケットはどこで予約できる?を解説 こんにちは、オケラ(@superokeraburo)です。 本記事の内容です。 ・マウンテンライトジャケット20FWにつ...

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村