ファッション

【お金がない】アウトドアウェアを効率よく売却する【比較あります】

【お金がない】アウトドアブランドを効率よく買取してもらえ【最適】

こんにちは、オケラ(@superokeraburo)です。

アウトドアブランドが大好きです。
特に、ノースフェイスやPatagoniaとかです。

下記の疑問に答えます。

新しく欲しいものが出来たのですが、お金が足りません。いらないアウトドアブランドを売ってお金を作りたいです。おすすめの売り方を教えてください。

答えですが、『トータル的に考えるとアウトドア用品の買い取り業者』がおすすめです。

本記事の内容

・最適な売り方について

・買取業者を比較しました

この記事では、アウトドアブランドの最適な売り方について解説していきます。

実は、買い取り業者は優れている点がかなり多いです。人によっては、フリマアプリよりも大きなメリットがあります。

注意点やメリットデメリットを比較しましたので、ぜひ最後まで読んでいってみてください。

それでは見ていきましょう。

アウトドアブランドの最適な売り方【買取は強い】

アウトドアブランドの最適な売り方

まず初めに、下記をご覧ください。

・新しいものが欲しいがお金がない

・使わないアウトドア用品を効率よく売りたい

本記事は、上記の方々に読んでもらいたい記事となっています。

値が落ちづらい

例えば下記の高額アウターです。

GORE-TEXを使うなど、作りがいいため、値が落ちにくいです。

そこで、売る方法としては3つのポイントがあります。

①:フリマアプリ

②:SNS

③:買い取り業者

上記のとおりです。
まずは、それぞれ詳しく見ていこうと思います。

①:フリマアプリ

フリマアプリは「時間も労力も惜しまない人」にはお勧めです。

代表的なのは下記です。

・メルカリ
・ラクマ

皆さんお気づきかと思いますが…
フリマアプリのメリットは、間違いなく高値で売れるところです。

なぜなら、フリマアプリというのは、情強が情弱を相手にするプラットフォームだからです。

言い方は悪いですが、そういう性質があります。

しかし、高く売るには条件があります。

・高クオリティな写真

・ターゲットに訴求する文章力

・メッセージへの対応

・梱包&発送

上記のとおりです。

労力と時間をかければ、それなりに高く売ることができます。

メリットはデメリットでもある

労力&時間をかけるのはデメリットでもあります。

そこまでやっても、希望価格で売れるとは限りませんし、即金性も悪いです。

「時間と労力をいくらでもかけるから高く売りたい」という人は、フリマアプリで売却するのが1番の手です。

しかし、その労力で増えるのは、相場より少し多い〇千円ほどでしょう。

〇千円しか変わらないなら『すぐにお金になる+面倒は全てお任せ』な買い取り業者の方が効率は良いですね。

②:SNS

次にSNSです。
結論から言うと、おすすめはできません。

なぜなら、トラブルは避けられないからです。

実際にSNSでの取引は行われています。

TwitterやInstagramで販売価格を記載した投稿→連絡を取り合う→直接受け渡しor配送→取引完了

上記のとおり。

トラブル不可避

考えられるトラブルは下記のとおりです。

・商品へのクレーム

・返品交換

・金銭的問題

メルカリなどのプラットフォームは、トラブルの仲裁に入るという役割もあります。

ですが、個人間の取引のため、トラブルが大事になる可能性だってあります。

メリットは?

手数料が浮くというメリットくらいしかありません。

そこのリスク犯すくらいなら、プラットフォーマーに守ってもらいながら取引したい、というのが本音です。

③:アウトドアブランド買取業者

冒頭でも書きましたが、業者に任せるのが最適です。
理由は下記のとおりです。

めんどくさいこと全て丸投げして、すぐにお金がもらえるし、高価格で売却できるからです。

実際のステップを見てみます。

Step.1
WEBで申し込み

Step.2
ダンボールを準備

Step.3
無料集荷

Step.4
査定・振込

すごいお手軽で簡単ですよね。
それに、即金性も高いです。

※詳細は後ほど記載します。

注意点:業者はピンキリ

しかし、ここで注意点があります。
業者はしっかりと選ぶべきなんです。

今回は、アウトドアブランドの服なので、アウトドア用品専門の業者に査定してもらうべきですよね。

買い取り業者も「なんでも屋~アウトドア用品専門」まで幅広いです。

【比較】アウトドアブランドを高額買取してくれるのは?

マウンテンシティ

査定額は業者によって変わります。
そこで、買取サービス最大手の2社を比較してみようと思います。

・マウンテンシティ

・ギアハック

2社を比較しながら解説していきます。

マウンテンシティ

まずは、マウンテンシティです。

公式サイトhttps://mountain-c.com/buy/

↓↓他社と比較しての特徴

・高価買取

・ウェア系に強い

上記のとおりです。ウェア系の高価買取が期待できます。

買取アイテム一覧

タープ/ツールーム/ファミリーテント/一人用/山岳/ソロテント/登山・トレッキングウエア/バックパック/登山靴・トレッキングシューズ/スノーシュー・コンパル/GPS/寝袋・シュラフ/キャンプ用テーブル/キャンプチェア/椅子/ザック・リュック/ライト・ランタン/調理器具/ダッチオーブン/ストーブ・ヒーター/薪ストーブ/クーラーボックス/コット・ベッド/マット・サーマレスト/焚火台・ファイアスタンド/バーベキューコンロ・グリル/ガスバーナー/釣竿・ロッド/リール/釣り用クーラーボックス/釣り・フィッシングウェア/釣り小物・アクセサリー

汚れてしまっているものや、劣化品も高額買取できるのだとか。

業界トップクラスの買取価格

以下の画像をご覧ください。

業界トップクラスの買取価格

フリマアプリやオークションににもひけをとらない価格での買取を実現しています。

コレクション価値

思わぬ査定額がつく可能性も。

根強いコレクター需要のあるアイテムがあり、古くても新品を超える価格になることもあります。

専門スタッフがいる強みですね。

マウンテンシティ公式サイトへ >>

アウトドアブランド(服)に強い

他社よりもウェア系の買取が強いです。

なぜなら、アウトドアブランド(服)の高価買取を打ち出しているからです。

詳しくは以下の画像をご覧ください。

アウトドアブランドの高額買取は三月末まで

アウトドアブランドを優遇して買い取っています。
三月末まで、買取強化期間とのことです。

査定額アップのためにできること

少しの気づかいで、査定額がアップします。

1.見た目・においを綺麗にする

2.シーズンの少し前に売る

3.付属品があれば揃えておく

4.新しいうちに売る

5.コレクション価値のあるアイテムは狙い目

6.本ページより申し込みする

至って簡単ですよね。

さらに、このページより申し込みをすると『査定金額が+500円アップ』するという特典も。

ぜひ、当記事を有効活用してください。

今すぐ無料査定する >>

GIRE HACK

次にギアハックです。

【公式サイト】:https://gearhack.net/sell/

他社と比較しての特徴

・まとめて買取向き

・キャンプ用品に強い

上記のとおりです。
不要なアウトドア用品を一括で売却したいって人にお勧め。

まとめて、手軽に、高く

ギアハックは、売りたいものが多いときにおすすめです。

なぜなら、5点ごとに+500ボーナスという特典があるからです。※ボーナスの上限は2000円まで

20点で+2000円ですから、とてもお得です。

まとめて売るとお得

手数料が無料なのは、マウンテンシティも同じところですね。
どちらも便利で簡単なサービスとなっています。

買うトドア公式サイトへ >>

ちなみに、買うとドアというのは

ウェア系の価格

ぶっちゃけ、ウェア系はマウンテンシティの方が強いです。

なぜなら、対象ブランドは20%アップという買取強化期間を実施しているからです。

さすがに20%アップは強すぎます。

以下の画像をご覧ください。

ウェアの買取価格

参考までに、過去のデータに基づく買取価格です。

キャンプ用品に強い

どちらかというと、キャンプ用品の買取が強い印象を受けました。

ちなみに、スノーピークの買取強化キャンペーンを実施中で、当該製品なら10%買取額アップしています。

買うトドア公式サイトへ >>

キャンペーンに合わせよう

大手の2社について解説してきました。

買取業者は『即金性、高額買取、手数料無料』だと分かっていただけたと思います。

僕が主張したいのは『キャンペーンに合わせるべき』だということです。

アウトドアブランドウェア→マウンテンシティ
スノーピーク→ギアハック

具体的に上記のとおり。
どう考えても、キャンペーン実施中は高価買取になりますからね。

>> マウンテンシティで無料査定に申し込む

買うトドア公式サイトへ >>

まとめ

要点をまとめます。

・フリマは即金性が悪い

・買取業者がおすすめ

・ウェアならマウンテンシティ

上記のとおり。

「新しいものが欲しいけどお金がない」「使ってないアウトドア用品を効率よく売りたい」「すぐにお金が欲しい」

という方にうってつけです。
最適に売却することができると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ノースフェイスの記事

https://superokera.com/mountainlightjacket/
https://superokera.com/baltrolightjacket/